ハッピーホームデザイナー電撃の攻略本を買ってみた!さっそくレビュー♪

スポンサーサイト

ハッピーホームデザイナーザコンプリートガイドブック

こんにちは!
今日は9月10日に発売されたこの本について紹介したいと思います。

どうぶつの森シリーズは、攻略本ナシには120%やりきれないゲームだと思っています。
シリーズを重ねるにつれアイテムが増えています。全部を把握するのは無理!

攻略本片手にアイテムコンプが最短距離ですよね。
とにかく、全部載ってるのがいいの!と選んでみたら、電撃攻略本だったのです。

ハッピーホームデザイナー攻略本で電撃を選んだ理由

今回の攻略本候補は3種類でした。
その中で電撃のものを選んだ理由は、

ずばり、収録アイテム数です!
なんと、7542点も載ってるんですって!!ソンナニアルンカイナ・・・

あとは、表紙を見ての直感(笑)

どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー ザ・コンプリートガイド のおすすめポイント

届いたその日から読み込んでいますが、オススメポイントは次の4つです!

①カタログ収録数が多く、目当てのアイテムを探しやすい。

アイテムを探すとき、総索引を引けばもちろん見つけることが出来ます。
でも、正式な名前を覚えてなかったりしませんか?

『ホラ、アレあれ!えーと、前はうおまさにもらったヤツなんだけど。』

もしもソレがベッドやイスなら、そのカテゴリを探します。
そこになければ特殊のカテゴリを見れば見つけることが出来ます。

この並べ方はゲームと同じなので、実際に探すときにも目当てのものにまでたどり着きやすいです。
私はめあてのタコちゃんチェアを、特殊カタログの雑貨カテゴリで見つけることが出来ました。

ついでに近くも見てみるといろんなものが特殊の雑貨カテゴリですね。
どういう基準で分けられているのかは、ちょっと分かりません。

また、目的別に探せるのも大事なポイントです。

・リメイクできる家具とそのバリエーション
・アクションアイテム
・台になるアイテム
・台に乗るアイテム
・ニセモノ美術品

特に台になるアイテムを調べられるのが助かります!

②カタログ入手条件を探しやすい

目当てのアイテムを入手するためには、そのデータを持っている住人の依頼を受けなければいけません。
ですが、誰が何を持っているか、ほんとに分からない。

そこで、攻略本を使うと誰が持っているか簡単に探すことが出来ますね。
アイテム名が分かっていれば総索引からアイテム欄を見つけると、

『カタログ条件 アグネス/ハナコ/ハルク』

という風に誰が持っているか分かります。

意外と見落としがちなのが、エクステリア。
住民から入手するのも数種類あるので要チェックですよ!

逆に、この住人は何をくれるのかを知りたい場合は、巻末に『カタログ出現アイテム一覧』があります(50音順)

注意しなければいけないのはこの出現アイテム一覧にはMUSICは1曲しか載っていないということです。

MUSICは1回目のホームデザイン時に入手できるもの、2回目(改築時)に入手できるものの2種類が設定されています。
これは、どうぶつカタログの♫2の欄に掲載されています。

③住民データの索引があって便利

どうぶつカタログを見るときに、住人はその種類ごとに表示されています。
これが、探しにくかったんです!

あきらかにネコだ、とかクマだ!とか分かっていても、そのどうぶつカテゴリをまず探さなきゃなんないわけです。
(そもそも、何のどうぶつか分からないヤツも少なからず存在していますよね!)

ですが!
今回はどうぶつカタログの最後に50音順リストが!!これはとても便利です!

④別冊のマイデザインガイドブックが使いやすい。

ナゼ別冊なのか。
マイデザインに必要なものは、方眼紙!色鉛筆!そして忍耐力!!!

とりあえず、巻末にコピーして使える方眼紙が載っています。これは便利~!!!

ああ、方眼レターパッドいらないのね~
じぶんでマス目を数えて太線引かなくていいんだ!

カサ・帽子用、顔出しカンバン用、シャツワンピース用もあって、使えますよ!

ナゼ、別冊なのか。
マイデザインといえばQRコード。
これが豊富かどうかが評価の分かれ目ではないでしょうか。

結果として、154種類はとても豊富といえます。
そして、かわいくて、細かくて、綺麗です!

ナゼ別冊なのか。
答えは、攻略本がぶ厚すぎるので、コピーしたり、QRコードをスキャンするには薄いほうが都合がいいから。

マイデザインを使いこなせるかはあなた次第です(笑)

どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー ザ・コンプリートガイドのここが残念(物足りない)ポイント

なんといっても既に十分ぶ厚いです。
攻略本に求めるものは情報の多さ、正確さですから、この量質ともに申し分ありません。

が、あえて言うのであれば、小ネタが少ないことでしょうか。
ちょっとしたこぼれ話や、裏話、小技なんかを紹介して欲しかったです。

タクミさんのすっぴん顔には触れてありましたが・・・。

まとめ

704ページという大ボリュームにも納得のカタログです。

調べて、生かす。
これに特化しているといえます。

別冊のマイデザインガイドブックのQRコードは是非活用してください!
この1冊で更にお部屋のデザインのバリエーションが広がりますよ!

あなたのハピ森ライフが更に充実しますように!
参考になれば幸いです。

コメントを残す

アドレスは公開はされません