ハッピーホームデザイナーの間取りの変え方。種類は?最大何部屋いける?

スポンサーサイト

事務所

自分のお家が大きくなっていく。
こんな楽しいことを体験できるのがどうぶつの森です。

そしてそのお家作りを堪能できるのがハッピーホームデザイナー!!

というわけでこんにちは。
今回は、お家の改築と間取りの変更について詳しく紹介したいと思います。

というのも、ハッピーホームデザイナーを始めた当初はお部屋が増えず、大きくならないことに大きな不満を抱えていました。

これは『家のリフォーム』しか選んでいなかったのが原因だったのです。

また、改築の場合でも、選択によって間取りの選択肢が変わってしまうからなんですね。
そのあたりも分かりやすく説明して行きたいと思います!

間取りを色々選ぶためには、通信講座の『間取り選択講座』を済ませておく必要があります。
ゲームコイン5枚が必要ですが、受けておきましょう!

そもそも、リフォームとか出来ないんだけど?という方は 

こちらも見てみてくださいね!

ハッピーホームデザイナーの間取りの変え方

『初期間取り』というものがあります。

間取り1

最初の依頼を受けたとき、または改築の再にこの選択肢が出ます。
この時点ではワンルームか2部屋しか選べません。

この中からお部屋を選び、一度お家作りを完了してしまいましょう。
たぬきハウジングへ戻り、日報を書く。

ここまでがワンセットです。

翌日たぬきハウジングへ出所したら、間取りを変えたい住民を訪ねます。
そこで話しかけて『新しいお家を建てる』を選択します。

注意!『家のリフォーム』では間取りを変えることができません。

すると、たぬきハウジングで土地選択後、間取りを選ぶことが出来ます。

タクミさんに家の大きさを聞かれます。
『大きい家』か『小さい家』かを聞かれるので、『大きい家』を選びます。

『小さい家』を選んでしまうと、選択できる間取りは『初期間取り』になってしまうので注意してください。

『大きい家』を選んだ後は、今よりも大きな間取りの選択肢が出ます。
ここから2階と地下の部屋も追加されます。

また、初回の依頼で選んだ間取りにより、選択肢が変わります。
間取りの選択肢は、現在の間取りよりも大きいものが表示されるのが原則です。
(1ページ目の左上が現在の間取りです。)

自分の好みの間取りを選択肢に出すには?

改築依頼を受ける⇒完了する⇒日報を書く⇒お客様リストから住民を訪ね、改築の提案をする

これを何度か繰り返す必要があります。

例えば、最大の部屋(8×12)に2階・地下付きの場合、最低でも初期依頼+4回の改築が必要です。
(選択によってはもっと増えることもあります)
自分の希望の間取りを頭に浮かべながら間取りを選びましょう。

とにもかくにも、まずは一度目の依頼をこなしてみてください!
このとき注意したいのが、初期間取りの一番小さいお部屋(6×6)を選択しないこと!
このお部屋でお家を作ってしまった場合は、改築時の選択肢が『初期間取り』になります。

ハッピーホームデザイナーの間取りの種類

初期間取りからのメイン部屋の選択肢の一覧表です。

(クリックで画像が大きくなります)
(クリックで画像が大きくなります)

初期間取り選択画面のメイン部屋のどれを選ぶと、次はどの大きさになるかが分かる図になっています。

まず、メインのお部屋を好みの大きさにした後、
サブ部屋、2階、地下のどれかを選ぶと改築回数が少なくてすむのではないかと思います。

サブ部屋は初期間取りのときだけ4×4がありますが、それ以外は6×6で固定です。
2階、地下も6×6の固定です。

じゃあ、えらべる間取りの種類は?一体どのくらいあるのでしょうか!

(クリックで画像が大きくなります)
(クリックで画像が大きくなります)

間取りの選択画面を並べてみました。
なんと使えるお部屋は112種類あります!!

メインのお部屋が9種類、そこに、サブ部屋が右、左、奥とふやせます。
さらに、2階、地下を増築できますので、バリエーションに富んだお部屋作りが出来ますね!

どのお部屋でいこうか、いつも迷ってしまいます!

この図を見ても、余計に分からなくなっちゃった・・・。というアナタ!

心配しないでください。
選択画面から選べばいいのです。気の赴くままに選んじゃってください!

どうしても、このタイプを選びたいんだけど、最短ルートってないの?
これは必ず通る疑問ですね。

間取りの選択画面の変化には法則があります。

小から大へ。

最終系が分かっていれば、ルートも決まってくると思います。

後は、習うより慣れろ!ですよ!!
とにかく選んでみましょう~!

ハッピーホームデザイナーの間取りって最大何部屋?

部屋数自体は3部屋が最大です。
なので、最大の部屋数での組み合わせは

メイン部屋+サブ部屋+2階or地下
メイン部屋+2階+地下

この二つになります。
どうやっても、サブ部屋付き3階建てにはならないようです・・・・゚・(つД`)・゚・ ウェ―ン

まとめ

画像4

どういうお家を作りたいかによって、間取りは変わってくるものです。

別部屋でキッチンを作ったり、星空の露天風呂などというのもまた一興。
広いメイン部屋だけで仕切っていくのもまた楽しいもの。

アイデア次第でいろんなお家が出来ますね!

皆さんが間取りを選ぶ際の助けになればと思います。
ここまで読んでくれてありがとうございました!

では!よいハピ森ライフをお送りくださいね!

コメントを残す

アドレスは公開はされません