どうぶつの森 ハッピーホームデザイナーは前作データ引き継ぎ可能?通信プレイはある?

スポンサーサイト

image

こんにちは!
住人の期待に応えるべく、お部屋作りに奮闘する毎日です。

とび森住人の部屋を再現したり、シリーズで統一するのも思いのまま。
なかなかGETできなかった家具が、すんなり使えるのは嬉しいですね。

そんな前回のとびだせどうぶつの森で楽しんだデータと、通信について、どうなったかお知らせしたいと思います。

どうぶつの森ハッピーホームデザイナーは前作データ引き継ぎ可能?

何よりも気になるのが、前回のデータが引き継げるのかどうか。
これはずばり、『できません』

なぜかというと、引き継ぐ内容というのは、家具データが中心です。
ほかにも、とび森ならば友達リストなんかもあるでしょうか。

まず、家具データ。
これは引き継ぐ必要がありません。

ホームデザイナーという職業上、最初からある程度の家具、デザイン等使えなければいけないからです。
ただ、最初からすべて開放されているわけではありません。

お仕事の受注により、徐々に増えるようになっています。

住人は特定のテーマでお部屋依頼してきます。

例えばシュバルツならば『モノトーンな空間』
トムソン2

受注後家具リストにツートンシリーズとパイプシリーズが追加されます。

また、公共施設の依頼でも、関連した家具が増えるようになっています。

次に友達リストですが、これはどびだせどうぶつの森のときも、引継ぎはできませんでした。これは、ハード側問題なのでしょうね。
3DS上のやり取りには敏感になりすぎている感がありますが、子どもを主体に展開している以上仕方ないのかもしれません。

では、友達リストが新たに作れるのかというと、これも『できません』
つまり、通信プレイも『できません』

できないことばかり書くのはつまらないのですが、今回はホームデザインを楽しむ、ということにメインを置いているのですね。

とび森での通信プレイが楽しかったせいで、がっかり感は半端ありませんが、ハッピーホームデザイナーには一緒に遊ぶ、という性質は少ないので、通信プレイはばっさり切り捨てた感じがします。

ただ、3DSにはMiiverseがあり、ここに、スクリーンショットを投稿する事ができます。
他のプレーヤーのお部屋なんかも見ることができます。

また、FACEBOOKやTwitterにも簡単に投稿出来る機能もありますので、
これを利用して、自分の部屋をみんなに見てもらうことができます。

他にも方法がないかというと、Amiboカードを使った家具の交換ができます。
お友達同士でのやり取りはこれがぎりぎりなのかもしれません。

また、どうぶつの森公式サイトでもお知らせされているのが、9月から通信予定の「ツクッター」

まだ詳細ははっきりわかっていませんが、ハッピーホームデザイナーがより一層盛り上がってくれること間違いなしですね!

まとめ

どうぶつの森、ハッピーホームデザイナーは単体で楽しむゲームといえます。
できたお部屋のスクリーンショットを投稿などで見せ合うことはできますが、8月現在、通信プレイはできません。

ホームデザインに特化している、ということですね。
そのかわり、とことん、デザインを追及できるようになっていること請け合いですよ!

コメントを残す

アドレスは公開はされません